ルパン三世

ルパン三世2nd 第14話あらすじ感想!カリブ海の大冒険

2018年11月14日

ルパン三世2ndシリーズ 第14話より引用

 

世界一の富豪から結婚を申し込まれた峰不二子。

ジャンボ・ルビーを贈られたが、

そのルビーには秘密が!?

 

……ということで、こんにちは!ヒロシさんです。

「ゆるゆる投資ログPlus」へようこそ。

 

今回はルパン三世2ndシリーズより、

第14話「カリブ海の大冒険」のあらすじと感想です。

 

 

ルパン三世2ndシリーズ 第14話「カリブ海の大冒険」
<あらすじと感想>

ルパン三世2ndシリーズ 第14話「カリブ海の大冒険」は、

1978年1月9日に放送された。

脚本は山崎忠昭氏、演出は御厨恭輔氏です。

以下、あらすじと感想です。

 

資産50億ドルで世界一の大富豪、

フォワード・ヒース

 

暇さえあればハリウッド女優などを相手に、

ロマンス・スキャンダルの噂。

 

ルパン三世2ndシリーズ 第14話より引用

 

そのヒースが38回目の結婚を申し込んだ相手……、

それが峰不二子だった!

 

不二子の狙いは、ヒースの資産とジャンボ・ルビー。

 

ヒースは謎の熱病とつむじ風に襲われ、命を落とす。

そして、ジャンボ・ルビーは不二子のもとへ。

しかし、不二子も熱病にかかってしまった!?

 

ルビーの正体は、ハイチの黒魔術教・邪神像の目だった!

 

ルパンたちは、ハイチにある神殿に向かう。

 

とある老人が、神殿の入り口を教えてくれた。

迷路をくぐり抜け、ようやく神殿内へ。

 

黒魔術師が現れた!

その狙いは、最初からルパンだった!

 

ルパン三世2ndシリーズ 第14話より引用

黒魔術師に操られたゾンビが、

ルパンたちに襲いかかる!

 

邪神像を爆破して対抗!

その巻き添えで黒魔術師は死亡する。

 

ゾンビたちの動きもようやく止まった……。

 

黒魔術師の正体!

黒魔術師の父は、かつての神殿警備隊長

 

ルパン一世に神殿に侵入され、

その責任により処刑された。

 

黒魔術師はルパン一族への復讐心から、

ルパンを殺そうと目論んでいた。

 

自らの手で、

邪神像よりジャンボ・ルビーを盗み出した。

 

ジャンボ・ルビーには、

紫馬酔木(むらさきあしび)の臭いが染み込んでいた。

その臭いには、

コカインやLSDと同じような幻覚作用があった。

 

臭いにつられて、集まってくるハミングバード!

つむじ風のようなその大群が襲いかかる!

 

ルビーの所有者が、

ヒース、不二子、ルパンへと移るのも想定内だった。

 

斬鉄剣で斬れないもの……

なんでも真っ二つ!

石川五エ門の愛刀・斬鉄剣!

その斬鉄剣でも斬れない物が、

ときどき出てきますが……。

 

2ndシリーズ第61話「空飛ぶ斬鉄剣」コンニャクは、

まあ定番です。

あとは映画「ルパンvs複製人間」で、

フリンチが着用していた合金チョッキとか。

 

今回のジャンボ・ルビーも斬れませんでした。

斬鉄剣が、ぼろぼろに刃こぼれしてしまいました……。

 

本来ルビーは斬れなくて良いんだけど、

ダイヤをカットしてしまうエピソードもあったもので……。

【関連記事】2ndシリーズ第74話「恐怖のカメレオン人間」

 

ということで、いかがでしょう?

 

黒魔術師の狙いは、最初からルパン一族!?

その割りには、ちょっと回りくどいような……。

 

あなたはどう感じましたか?

最後までお読みいただきありがとうございました。

では、また〜。

 

【関連記事】ルパン三世<あらすじと感想>目次

 

 

-ルパン三世

Copyright© ゆるゆる投資ログPlus , 2020 All Rights Reserved.