ルパン三世2nd 第134話「ルパン逮捕頂上作戦」あらすじと感想!

ルパン三世2ndシリーズ 第134話より引用

 

山のてっぺんで、ルパンが大ピンチ!?

国連が集めた1000万の警官隊が相手!?

 

……ということで、こんにちは!

ヒロシさんです。

「ゆるゆる投資ログPlus」へようこそ。

 

今回はルパン三世2ndシリーズより、

第134話「ルパン逮捕頂上作戦」のあらすじと感想です。

 

ルパン三世2nd 第134話「ルパン逮捕頂上作戦」
<あらすじと感想>

ルパン三世2nd 第134話「ルパン逮捕頂上作戦」は、

1980年5月5日に放送された。

脚本は宮田雪氏、演出は御厨恭輔氏です。

以下、あらすじと感想です。

 

世界のダイヤ取引を担う巨大シンジケート……、

国際ダイヤモンド輸出機構

 

不二子から結婚にOKをもらい、ルパンは有頂天に!?

国際ダイヤモンド輸出機構を狙うことに!

 

ガソリン給油車であっけなく本部ビルに潜入。

赤外線装置もなければ、金庫も開けっ放し!?

拍子抜けする次元だが……、高ぶるルパンは気にかけない!

ルパン三世2ndシリーズ 第134話より引用

構わずに得意のバキューム戦法

大量のダイヤを根こそぎ吸い込む。

 

無事にダイヤを飛行機に乗せ、スイスへ向かった。

離陸して間もなく、不二子の不在に気がつくが……。

 

サファイアに目がくらんだ不二子は、銭形の協力者となっていた。

いつもと一味違う銭形は、不二子をも拘束!

 

強制誘導装置により、ルパンは飛行機のコントロールが出来ない!?

飛行機は、とある山のてっぺんへと誘導された。

 

山のふもとには、国連の協力で集められた1000万人の警察官!?

ルパンの飛行機に向け、一斉攻撃が開始された!

 

3人対1000万人+現代兵器

徐々に分が悪くなっていくルパンたち……。

 

飛行機内にあった適当な材料で!?

山のふもとを走る列車を見て、なにかを思いつくルパン。

 

飛行機内の適当な材料を集め、クロスボウを製作

列車に向け飛ばした矢に、ワイヤーを装着。

 

グライダーのように舞い上がった飛行機!

脱出成功!?

 

異常な警官の人数!
玉砕を覚悟した五エ門……

ルパン三世2ndシリーズ 第134話より引用

圧倒的な物量の前に、ほぼ無力の三人。

 

玉砕を覚悟し、警官隊に斬り込む覚悟を決めた五エ門

虎穴に入らずんば虎児を得ず、のことわざもある。

武士道とは死ぬことと見つけたり……」

 

答えるルパン。

「相変わらずロマンチストだねぇ、あーたも……。

そんな精神とは早くおさらばしないと、

激動の80年代、乗り切れないよ……」

 

なんか味のあるセリフ!

 

ということで、いかがでしょう?

 

脱出成功したルパン!

しかしトンネルに遭遇!?

飛行機はぼろぼろ、ダイヤもパーに。

スケールがデカいのは良いんだけど、ちょっとウソっぽいか!?

ウソっぽいのも悪くはないが、いまいち入れなかった……。

 

あなたはどう感じましたか?

最後までお読みいただきありがとうございました。

では、また〜。

【関連記事】ルパン三世<あらすじと感想>目次

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です