ルパン三世2nd 第77話「星占いでルパンを逮捕」あらすじと感想

ルパン三世2ndシリーズ 第77話より引用

 

極秘アストロジー作戦とは!?

インターポールから警視庁に呼ばれた女預言者!?

 

……ということで、こんにちは!

ヒロシさんです。

「ゆるゆる投資ログPlus」へようこそ。

 

今回はルパン三世2ndシリーズより、

第77話「星占いでルパンを逮捕」のあらすじと感想です。

 

 

ルパン三世2ndシリーズ 第77話「星占いでルパンを逮捕」
<あらすじと感想>

ルパン三世2ndシリーズ 第77話「星占いでルパンを逮捕」は、

1979年4月2日に放送された。

脚本は宮田雪氏、演出は吉田しげつぐ氏です。

以下、あらすじと感想です。

 

ルパン逮捕のための秘策!?

極秘アストロジー作戦とは?

天才女預言者マリアンヌが警視庁へ。

 

インターポールから招かれたマリアンヌは、

生年月日と星占いによってルパンの動きを予測!

100%の確率で、コンピューターよりも正確!?

 

エメラルドの秘宝「ポセイドンの炎」を狙うルパン一家。

その持ち主は、極秘で来日中のダンマル共和国・ガブリエル国王

 

ルパンは国王滞在のホテルで「ポセイドンの炎」を奪取!

気球を使って逃亡するが、プールに落下!?

そして、銭形警部に逮捕された。

 

お宝は、ルパンから次元、次元から五エ門へと渡った。

脱走したルパンが、操られた五エ門に斬られそうになって、海に落としたお宝……。

とうとうマリアンヌの手に落ちた。

 

実は、機械の水晶玉とサイボーグの鳩を使って、

人を思い通りに動かしていたたマリアンヌ。

ルパン一家が盗んだお宝をくすねるつもりだったのだ。

 

しかし、ガブリエル国王も一癖あり。

「ポセイドンの炎」はニセモノだった!?

 

次元が乗っていたあのプロペラ式小型グライダーは!?

ルパン三世2ndシリーズ 第77話より引用

風船に穴が空いて、落下するルパン!

プロペラ式小型グライダーに乗って現れた次元が、

「ポセイドンの炎」を確保!

 

次元が乗ってきたプロペラ式グライダーになんか見覚えあり。

1stシリーズでも数回使われていたアレ

 

当時のスタッフが、今回関わっていたのか?

 

目の色が変わった五エ門!
だいじょうぶか?

ルパン三世2ndシリーズ 第77話より引用

女占い師に対抗した五エ門の筮竹占い。

女難の相が出ていた!?

 

マリアンヌに操られて、おかしくなった五エ門!?

 

次元から「ポセイドンの炎」を奪い取ってしまう!

マグナムも真っ二つに!

更にルパンにも襲いかかった!

 

普段の五エ門からは考えられない異様な目つきでした。

 

ということで、いかがでしょう?

 

けっきょくは私利私欲で動いていたマリアンヌ。

鳩と水晶玉(機械を使った念力?)で人を操っていた。

 

あなたはどう感じましたか?

最後までお読みいただきありがとうございました。

では、また〜。

 

【関連記事】ルパン三世<あらすじと感想>目次

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です