ルパン三世2nd 第16話「二つの顔のルパン」変身病!?あらすじと感想

ルパン三世2nd 第16話より引用

 

「変身病」!?

ルパンが別人格となり、殺人を繰り返す!?

 

……ということで、こんにちは!

ヒロシさんです。

「ゆるゆる投資ログPlus」へようこそ。

 

今回はルパン三世2ndシリーズより、

第16話「二つの顔のルパン」のあらすじと感想です。

自分のことも信じられなくなってしまうルパン……。

 

 

ルパン三世2ndシリーズ 第16話「二つの顔のルパン」
変身病!?<あらすじと感想>

ルパン三世2ndシリーズ 第16話「二つの顔のルパン」は、

1978年1月23日に放送されました。

脚本は田上雄氏、演出は御厨恭輔氏です。

以下、あらすじと感想です。

 

フランス、パリ。

フゴー家に代々伝わる50カラットのダイヤ「ベルサイユの星」

そのベルサイユの星がルパンによって盗まれた!

 

予告時刻も守らず、殺人を犯したルパン

……らしくない。

銭形警部は宿命のライバル・ルパンの暴挙に怒り心頭!

ルパンは、次元と五エ門にまで疑われるが、それを否定する。

 

続いて、ゼニアル家からは大粒ルビーの首飾り「アフリカの女王」が盗まれる。

またも殺人を犯すルパン!?

居合わせた不二子にも疑われる。

ルパン三世2nd 第16話より引用

精神科医・ノーミル博士邸にて、

次元と五エ門は、ルパンが変身するところを目撃!

ノーミル博士の診立てによれば、変身病!?

実は、これはトリックフィルムだった!?

ルパン三世2nd 第16話より引用

同様の手で、

ルパン本人も自分の変身病を信じてしまう。

絶望したルパンは、ついに自殺を決意する!?

 

ロープに括り付けられた状態のルパンは、不二子と一緒に夜12時を迎えた。

……あっさりと、変身病の疑いが晴れたルパン。

珍しく、不二子に救われた。

 

今度は、ルパンがトリックフィルムを利用!

ノーミル博士偽ルパンは、銭形警部に逮捕された。

 

ノーミル博士がでっちあげた変身病!

「変身病」!

なんともストレートなネーミング

 

髪が伸び、眉が濃くなり、目が座る……って。

しかも、夜12時に人格が変わるって、どうなんでしょ?

 

ルパン二世の友人だったノーミル博士。

偽ルパンを使って、

ルパンの仕事を横取り

さらに殺人の濡れ衣を着せようとしました。

ということで、いかがでしょう?

 

変身後のルパンの顔!?

うーん、ちょっとこれはなんと言って良いのか?

眉毛と目つきがあまりにも個性的ですた。

 

あなたはどう感じましたか?

最後までお読みいただきありがとうございました。

では、また〜。

 

【関連記事】ルパン三世<あらすじと感想>目次

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です