ルパン三世PART5 第17話「探偵ジム・バーネット三世の挨拶」あらすじ感想

ルパン三世PART5 第17話より引用

 

一話完結のミステリー!?

珍しいルパン単独主演作です。

 

こんにちは!ヒロシさんです。

「ゆるゆる投資ログPlus」へようこそ。

 

今回はルパン三世PART5から、

第17話「探偵ジム・バーネット三世の挨拶」のあらすじと感想です。

 

 

ルパン三世PART5 第17話「探偵ジム・バーネット三世の挨拶」
<あらすじと感想>

ルパン三世PART5 第17話「探偵ジム・バーネット三世の挨拶」は、

2018年7月31日に放送された。

脚本は大倉崇祐氏、演出は矢野雄一郎氏です。

以下、あらすじと感想です。

 

三年前に殺されたフィリップ・モンバッサン伯爵

その未亡人イザベルに呼び出されたルパン。

夫を殺した犯人をつきとめてほしいと頼まれる。

 

かくて、ルパン扮する探偵ジム・バーネット活躍の巻。

 

容疑者3人を古城に集める夫人。

フレデリック、アラン、ピエールの3人とも、疑いの余地あり。

停電の合間に、伯爵夫人までもが凶弾に倒れる

 

屋敷には自動顔認識装置が完備されている。

3人の容疑者、ルパン、召使いのマリー、

それ以外の人間は入れない!

 

容疑者たちには、アリバイがある!

はたして犯人は!?

 

顔認識装置

それなりに精巧な顔認証ですが、

双子の顔を認識できるほどの精度はないとのこと。

 

……ということで、

ピエールの双子の兄が犯人ですた……って、うーん。

 

ルパン単独主演!?

ルパン三世PART5 第17話より引用

初期のルパン三世では、

五エ門や不二子が出ない回が、

ときどきありました。

 

ルパンが変装した銭形警部は出てきても、

銭形本人は出ないとか……。

 

今回は、正真正銘ルパンの単独主演です。

次元、五エ門、不二子、銭形、

一切出ません。

声の出演もなし

 

イザベルのスクラップブックの中にだけ出てきます。

 

ルパン三世1stシリーズ

ルパン三世PART5 第17話より引用

今回は、ルパン三世1stシリーズにシフトした回なのか?

ルパンの服のカラーリングが、1stシリーズのものになっていた。

 

探偵ジム・バーネットを演じるときだけ、

ジャケットのボタンを留めて、どっかで見たメガネをかけ、

ネクタイをチェンジ!

 

アイキャッチもどこかで見たやつ。

ニヤリとさせられる。

 

「7番目の橋が落ちるとき」のやつ。

 

イザベルのスクラップブックの中身も要チェック

ルパンは過去に何度か、

故モンバッサン伯爵邸を狙ったことがある、という設定。

 

ということで、いかがだったでしょうか?

 

犯人探しは、ちょっとありきたりでした。

もうちょっとかっちょ良くなりそうなんだけど……。

 

あなたは、どう感じましたか?

最後までお読みいただきありがとうございました。

では、また〜。

【関連記事】ルパン三世<あらすじと感想>目次

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】 ルパン三世 PART5 Vol.4 【BLU-RAY DISC】
価格:9737円(税込、送料無料) (2019/6/5時点)

楽天で購入

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です