ルパン三世

ルパン三世2nd 第154話「ヘクサゴンの大いなる遺産」あらすじ感想

ルパン三世2ndシリーズ 第154話より引用

 

2ndシリーズ中で何作かある旧ナチスがらみのお話。

今回の狙いは、難攻不落のグランドヘクサゴン!?

 

……ということで、こんにちは!

ヒロシさんです。

「ゆるゆる投資ログPlus」へようこそ。

 

今回はルパン三世2ndシリーズより、

第154話「ヘクサゴンの大いなる遺産」のあらすじと感想です。

 

ルパン三世2ndシリーズ 第154話「ヘクサゴンの大いなる遺産」
<あらすじと感想>

ルパン三世2ndシリーズ 第154話「ヘクサゴンの大いなる遺産」は、

1980年9月29日に放送された。

脚本は高階航氏、演出は三家本泰美氏です。

以下、あらすじと感想です。

 

  • Aパート

釣り糸を垂れる五エ門。

ルパン一味は、難攻不落のグランドヘクサゴン(六角形の要塞都市)を狙う。

それはフランスとスペインの国境にあった。

五エ門はボロ靴を釣り上げた。

 

呑気に居眠りをする銭形に、変装した不二子が近づく。

銭形のコートにカメラを仕込む。

 

ルパンはミニクーパーを運転。

4台の車の先導を務める。

ルパン・次元・不二子・五エ門の車が合体!

大型コンボイに!?

 

銭形のバイクがグランドヘクサゴンに到着。

ライカ銀行の頭取に会うためだ。

 

ルパンらは、このライカ銀行に保管された金塊を狙う。

ルパンと次元が、金庫に通じるエレベーター内に侵入。

 

銀行側のワナにかかり、

エレベーターから水中へ落とされる

 

そこで、旧ナチスのUボートを発見

中へ入っていく。

実は、グランドヘクサゴン・ライカ銀行は旧ナチス残党の集まり

もちろん頭取も。

正体は旧ナチスのアルバート少佐

 

ルパンは不二子に連絡。

五エ門・不二子とUボート内で合流する。

ルパンは、ジャケットと次元の帽子を捨て、死んだふり!

 

  • Bパート

アルバートからルパンの遺品(?)を見せられ、

涙を流しながら去る銭形。

 

ルパン一味は合体コンボイで進行。

グランドヘクサゴンの金庫に忍び込む。

コンベアを配置した不二子は、レンガを流す。

金塊とレンガを入れ替えていくルパン一味。

 

流れてくる金塊を見て、不二子のやる気も増す!

仕事を終え、ルパン一味は疲労困憊。

 

レンガが崩れ、非常ベルが鳴った!

グランドヘクサゴンが、ルパンたちに襲いかかる!

 

街並みが迫りくる

橋も爆破される

強行突破!

橋を落とされたもなんのその!?

 

Uボートに仕掛けた時限爆弾も爆発した!

 

グランドヘキサゴンの金庫

グランドヘキサゴンの金庫には、50トンの金塊が積まれている。

その金塊はナチスの復興資金!?

 

金庫に入るにはアルバート少佐の部下ガウスの手形認証が必要!?

金塊の重量に変化があると警報が鳴る!

金塊の上には、アルバートの頭取室がある。

 

実質的な最終回?

2ndシリーズ最終回は155話「さらば愛しきルパンよ」ですが、

これは宮崎駿氏が演出したいわば特別回

 

2ndシリーズとしての最終回、もしくは実質的な最終回としては、

この154話「ヘクサゴンの大いなる遺産」が広く浅く認知されているらしい?

 

ということで、いかがでしょう?

 

銭形警部はルパンが死んだと思いこんだまま、

物語中盤で退場

その辺が、ちょっと微妙?

 

あなたはどう感じましたか?

最後までお読みいただきありがとうございました。

では、また〜。

【関連記事】ルパン三世<あらすじと感想>目次

 

 

-ルパン三世

© 2020 ゆるゆる投資ログPlus