ルパン三世

ルパン三世2nd 第12話「大統領への贈り物」あらすじと感想

ルパン三世2ndシリーズ 第12話より引用

 

アメリカ大統領に贈られるのは……、

ナポレオンが妻のために作らせたワイン!?

 

……ということで、こんにちは!

ヒロシさんです。

「ゆるゆる投資ログPlus」へようこそ。

 

今回はルパン三世2ndシリーズより、

第12話「大統領への贈り物」のあらすじと感想です。

 

ルパン三世2ndシリーズ 第12話「大統領への贈り物」
<あらすじと感想>

ルパン三世2ndシリーズ 第12話「大統領への贈り物」は、

1977年12月19日に放送された。

脚本は城山昇氏、演出は棚橋一徳氏です。

以下、あらすじと感想です。

 

Aパート

ワインの産地ボルドー

 

アメリカ大統領に贈られる予定だったものとは?

ナポレオンが愛する妻・ジョセフィーヌのために作らせたワインだった。

 

パリの宿で、銭形警部はフランスパンをかじる。

ルパンから銭形に届いた予告状。

ルパンの狙いは例のワイン。

 

ルパンは、トラックを運転するじーさんになりすます。

荷台の樽の中身は、次元・五エ門・不二子!

ワインの在り処をつきとめるために、銭形をマーク!

 

なんとかシャトーの中に潜入。

ワイン棚を物色する。

ルパン三世2ndシリーズ 第12話より引用

と、ここまでは銭形の仕掛けたワナだった。

ルパンらは、シャトーをワイン漬けにして逃げ切った。

 

Bパート

アメリカにワインを空輸する手伝いをする銭形。

ルパンは空港から双眼鏡で、銭形の行動をチェック。

 

不二子が大きな木箱を発見。

フランス政府からアメリカ政府に贈られるクリスマスプレゼントか!?

ワインのほかにもう一つ獲物が出来て、喜ぶルパン一味。

 

コンコルドに同乗。

警察関係者をガスで眠らせた。

いつの間にか先回りしていた五エ門が、コンボイを運転!?

赤ふんどしで合図する。

 

着陸するコンコルド。

 

ワインと木箱を持って逃げるルパン一味。

替わりに銭形のもとに安物のワインを残していった。

 

ワシントンにてアメリカ大統領は、

安物のワインを飲む。

「ブラボー!素晴らしい味だ!」

 

大笑いするルパン一味!

ルパン三世2ndシリーズ 第12話より引用

ホンモノのワインで乾杯!

古くて残念な味……。

 

がっかりだったが、もう一つ木箱の中身は?

こどもたちにプレゼントするためのフランス人形!

 

落ち込んだルパン一味だったが、

空からこどもたちにプレゼントする!

 

いつもと違うアイキャッチ!?

ルパン三世2ndシリーズ 第12話より引用

椅子に座ったルパン、くるっと回転!

そして、銃を一発撃つ!

看板が落ちてきて、頭に直撃!

 

車でずっこけるいつものやつと違いました。

アレッ?と思いましたが、

この回転椅子のパターンも何回か採用されていたようです。

 

ということで、いかがでしょう?

 

ワインのオチは、よくある話!?

安物のワインって案外イケる、とオレも思います。

 

あなたはどう感じましたか?

最後までお読みいただきありがとうございました。

では、また〜。

【関連記事】ルパン三世<あらすじと感想>目次

 

 

-ルパン三世

© 2020 ゆるゆる投資ログPlus