ルパン三世2nd 第75話「不二子に花嫁衣装はにあわない」あらすじ感想

ルパン三世2ndシリーズ 第75話より引用

 

2ndシリーズ中で、数少ない遊びのないハード路線!?

かっちょいいルパンが見られる。

不二子の結婚式から物語が始まる。

 

……ということで、こんにちは!

ヒロシさんです。

「ゆるゆる投資ログPlus」へようこそ。

 

今回はルパン三世2ndシリーズより、

第75話「不二子に花嫁衣装はにあわない」のあらすじと感想です。

 

 

ルパン三世2ndシリーズ 第75話「不二子に花嫁衣装はにあわない」
<あらすじと感想>

ルパン三世2ndシリーズ 第75話「不二子に花嫁衣装はにあわない」は、

1979年3月19日に放送された。

脚本は金子裕氏、演出は石倉八木氏です。

以下、あらすじと感想です。

 

プレイボーイで富豪のウイリアム・ハフナー、そして峰不二子……。

二人の結婚式からスタートする。

 

そしてルパンは……。

不二子を狙撃

まさか、嫉妬から…?!

 

ときは、遡(さかのぼ)って…………。

プレイボーイのハフナーと不二子の婚約を心配するルパン。

ハフナーの配下から狙われた。

 

ルパンの凶弾に倒れた不二子の死亡が確認された。

銭形警部が現れる。

次元と五エ門も助けに来るが、

ルパンはダイナマイトで壮絶な自爆を遂げた!?

ルパン三世2ndシリーズ 第75話より引用

歴代の妻たちの死体をマネキン化したハフナー!?

さらにそれらを保管していた。

その場所を自ら「ハレム」と呼んだ。

妻たちを手にかけてきたのか!?

その100人目になるはずだったのが不二子だった!?

 

実はルパンが撃ったのは仮死弾だった。

不二子は24時間経たないと目覚めない。

一芝居打っていたのだ。

 

……不二子の葬儀

棺に付き添うハフナー。

 

銭形は泣きながら、ルパンの手がかりを探す。

ルパンは車の通信機から、

不二子のイヤリングに通話を試みる。

 

一度は覚醒した不二子だが、ハフナーによりガスで眠らせられてしまった。

不二子の指輪の発信機も取り外された。

 

次元と五エ門が屋敷に侵入。

銃撃を受け、次元帽子を飛ばされる。

ルパン三世2ndシリーズ 第75話より引用

 

ハフナーに抱えられ、不二子は蘇生する。

ハレムを見てしまった不二子、恐怖にかられる。

 

ルパン三世2ndシリーズ 第75話より引用

正体を現すハフナー。

まさしく狂人!

 

外の池で落としたはずの次元の帽子だが、

なぜかプールで発見された!?

 

五エ門がハフナーの執事を倒す。

そして、プールからハレムに続く通路を発見!

 

不二子がルパンに駆け寄る。

 

非常用マネキンがルパンを攻撃!

反撃するルパン。

崩れるマネキンの銃弾がハフナーに!

 

ハフナーはハレムのコレクションとともに自爆した!

 

ルパンと次元のかっちょいいセリフ

ハフナーの未亡人である不二子が、遺産分配のため屋敷に向かった。

 

次元「不二子には、やっぱり花嫁衣装は似合わないな。

不二子を永遠にお前の女にするには、

ハフナーのように殺すしかないんじゃねぇのかな?」

 

ルパン「かもな……」

指先を不二子にむけ、「ばーん!」

 

帽子無しで銃を撃つ次元!

帽子が無いとまともに撃てない次元?

そんなエピソードがありました。

第152話「次元と帽子と拳銃と」です。

 

しかし、今回は帽子が無くても落ち着いて撃っていました。

まあ、一話のみの設定というのも結構あるものです。

 

ということで、いかがでしょう?

 

世の女性の敵、狂人ハフナー!?

やっつけ甲斐がありました。

 

あなたはどう感じましたか?

最後までお読みいただきありがとうございました。

では、また〜。

 

【関連記事】ルパン三世<あらすじと感想>目次

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です