ルパン三世2nd 第148話「ターゲットは555M」あらすじと感想

ルパン三世2ndシリーズ 第148話より引用

 

今回はタイトル通り!

555M先の標的名手次元がライフルで狙う!

 

……ということで、こんにちは!

ヒロシさんです。

「ゆるゆる投資ログPlus」へようこそ。

 

今回はルパン三世2ndシリーズより、

第148話「ターゲットは555M」のあらすじと感想です。

ルパン三世2ndシリーズ 第148話「ターゲットは555M」
<あらすじと感想>

ルパン三世2nd 第148話「ターゲットは555M」は、

1980年8月18日に放送された。

脚本は金子裕氏、演出は三家本泰美氏です。

以下、あらすじと感想です。

 

去年も襲ったダイヤモンドオークション

今年もやる気のルパンと次元。

今回の開催地はマリンタワービル!

 

マリンタワービル展望室は、

硬質ガラスで囲まれていた。

屋根と床には高圧電流

 

展望室へたどり着くには、

硬質ガラスで囲まれたエレベーターで行くしかない!

 

次元は555M離れた場所から、

一点の印を狙い続ける!

貫通するまで、何発も繰り返し撃つ。

この仕事は、次元にやってもらうしかない。

 

硬質ガラスに当たった銃弾は、タワー下に落ちる。

指もしびれきたが、

ついに防弾ガラスに銃弾がめり込んだ!

そして、やがて貫通……。

 

さらにワイヤーをつけた弾丸も撃ち込む。

 

とうとうダイヤを奪うルパン。

しかし、停電によりエレベーターが止まってしまう

このままでは逃げられないルパン。

 

五エ門がエレベーターのワイヤーを斬る!

ルパンは、五エ門が開けた穴から脱出!

 

555M先の標的を狙い続ける次元

555M先の標的を狙う次元

もあり揺れる。

集中力が持つのか。

 

指先の感覚もおかしくなってくる。

 

ここら辺、もうちょっと緊張感が出るともっとよかったけど。

ルパン三世2ndシリーズ 第148話より引用

本番前にリハーサルまでやる大仕事なんだし……。

 

落下するエレベーターから脱出!

五エ門にエレベーターのワイヤーを斬ってもらったルパン。

一つタイミングを誤れば、大惨事!

これも、一か八か、生きるか死ぬかの緊張感が出ればもっとよかった。

とりあえず脳内で補いました。

 

マリンタワービルの硬質ガラス

ルパン三世2ndシリーズ 第148話より引用

「何でも真っ二つ」がキャッチフレーズの五エ門。

今回は力任せにタワーの硬質ガラスを斬ります。

 

よほど硬かったということでしょう。

手が痺れ、顔も歪む

表情豊かな五エ門が楽しいです。

 

ということで、いかがでしょう?

 

もうちょっと練れば、もっとおもしろくなるお話。

そんな気がしました。

 

あなたはどう感じましたか?

最後までお読みいただきありがとうございました。

では、また〜。

 

【関連記事】ルパン三世<あらすじと感想>目次

【関連記事】ルパン三世2nd 第152話あらすじ感想!次元と帽子と拳銃と

【関連記事】ルパン三世2nd 第99話あらすじ感想!荒野に散ったコンバット・マグナム

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です