ルパン三世2nd 第137話「華麗なるチームプレイ作戦」あらすじと感想

ルパン三世2ndシリーズ 第137話より引用

 

時価数十億円のダイヤ「クレオパトラの涙」!

盗み出すためには、ルパン一味のチームワークがカギ!

特訓が始まった!

 

……ということで、こんにちは!

ヒロシさんです。

「ゆるゆる投資ログPlus」へようこそ。

 

今回はルパン三世2ndシリーズより、

第137話「華麗なるチームプレイ作戦」のあらすじと感想です。

 

ルパン三世2ndシリーズ 第137話「華麗なるチームプレイ作戦」
<あらすじと感想>

ルパン三世2ndシリーズ 第137話「華麗なるチームプレイ作戦」は、

1980年5月26日に放送された。

脚本は杉和幸氏、演出は三家本泰美氏です。

以下、あらすじと感想です。

 

時価数十億円のダイヤ「クレオパトラの涙」を盗み出す計画!

ルパンは下調べのため博物館へ。

いきなり警官たちと格闘戦

銭形警部とは鬼ごっこ……。

 

銭形に捕まったルパン???

アジトに押し入った銭形!

次元、五エ門、不二子を一網打尽!

と思いきや、ルパンが銭形に変装していた!?

 

捕まったと思われたルパン。

しかし、その正体は銭形警部だった!?

ルパン三世2ndシリーズ 第137話より引用

銭形を捕らえたルパンは、ダイヤの到着時間を聞き出す。

ダイヤを奪うために必要なのはチームプレイ!?

特訓が始まった。

 

毎度おなじみ、変装の名人ルパン

ルパンは銭形に変装して逃走。

ダイヤの到着時間を銭形から聞き出す。

食べ物で釣ったりするも、いまいちうまくいかない。

 

今度は館長に変装する。

さすが、変装の名人ルパン三世なのだった。

 

楽しい特訓風景

ルパンがニセモノのダイヤを投げ、

ホンモノにぶつける。

飛んだダイヤを次元が銃で撃つ。

さらに飛んだダイヤに、五エ門が弓を射る

ベンチに腰掛けた不二子が、ダイヤをキャッチする!?

 

上手くいくとこうなります。

 

石が頭に当たり、怒る次元!

「天才バカボン」のおまわりさんのように銃を乱射する!

ダイヤをキャッチできない不二子。

上を見上げると、なんとヘビが!?

 

なかなか楽しいコントでした。

 

ということで、いかがでしょう?

 

特訓の成果か、

キメるところはキメました。

さすがルパン一家でした。

 

あなたはどう感じましたか?

最後までお読みいただきありがとうございました。

では、また〜。

【関連記事】ルパン三世<あらすじと感想>目次

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です