生活・健康・情報・そのほか

伊豆高原のコンシェルジュ「海のごちそうWATANABE」で一泊!

2020年春、早咲きの桜として有名な河津桜を見に出かけた。

今年はコロナウイルス騒ぎでどうかな?と思っていたが、案外と結構な人出でした。

千葉からの遠征だったので、河津にほど近い伊豆高原にて一泊することに。

ということで、おいしいフランス料理が食べられることで有名な「海のごちそうWATANABE(わたなべ)」を事前に予約。

 

「海のごちそうWATANABE」とは?

伊豆高原のオーベルジュ「海のごちそうWATANABE(わたなべ)」。その所在は以下の通り。

〒413−0232

伊東市八幡野1276−26

 

国道135号沿いの「池入口」交差点(「怪しい少年少女博物館」があるところ)をしばらく(1kmぐらい)登っていくと小さな看板を発見。そこを左折するとすぐに見つかりました。

 

民宿みたいな「海のごちそうWATANABE」

外見はこじんまりとした「海のごちそうWATANABE」。中身も民宿のような感じ。

ご主人と奥さんのふたりでやってるみたい。

宿泊部屋数は全部で六部屋。そのうち展望風呂を備えるのが二部屋。こちらは温泉ではありません。

それとは別に貸し切り風呂があります。温泉なので、こちらがおすすめです。

入浴中は中から施錠して、「空き」の札を「入浴中」にひっくり返す。空いてるときを見計って入りましょう。

混んでいる時はタイミングが合わないと入りづらいかも?

 

おいしいフランス料理「海のごちそうWATANABE」

 

夕食

夕食は18時半からでした。

この日は、六部屋満室。食事処にその日のお客がみんな集まりました。ご主人と奥さん、ふたりで奮闘しています。とよく見ると、もうお一方、若い方が手伝っている様子でした。

で、おいしいものがいっぱい出てきました。この日は以下のような感じでした。

カンパチの生ハム
炙り太刀魚のクリュ 青コショーソース
真蛸(佐島)のコンフィ マスタードのせ
メヒカリのフリット エビス風味
ボタン海老のタイムとレモン締めマリネ
昆布締めした本海老のタルタル グジェール詰め
シェフ特製カラスミと三島大根

ビールやワインと合わせていただきました。

 

新玉ねぎのババロア
 伊豆牛のコンソメジュレ ウニのせ

 

 

真鱈白子(根室)のソテー ゆずとバルサミコ酢ソース

 

はまぐり(千葉)のブルギニヨン

 

パンはこんな感じ。2個ほどいただきました。

 

石鯛のクミン焼き ごぼうのコンポート添え

 

平井牧場〝伊豆牛〟のステーキ

サーロインとヒレ。わさび、塩、マスタードなどで。

魚メインですが、牛の出るコースを頼みました。

 

丹那ミルクのクレームブリュレ
 紅ほっぺ苺のソルベ添え

 

コーヒー(カフェローステライ ヴェッカーより)
 または掛川紅茶

小菓子

どれもおいしゅうございました。

朝食

翌日の朝食は8時15分から

トマトジュースとサラダから始まり、温野菜スープが登場。優しい味でした。

たくさんのパンが登場。イチゴとオレンジの食べ比べセットも。

微妙な味の違いを堪能。

再びコーヒーの香りを楽しみました。夕食時とカップも替わり気分一新。

残ったパンは用意していただいた袋でお持ち帰り。

オーベルジュと云えば「食事の美味しい宿」のこと。

ホテルなどでお客の要望をきいてくれるコンシェルジュとごっちゃになっていた恥ずかしいオレ。

なにはともあれ、美味しいフレンチ、ごつそうさまですた。

チェックアウト後、突然の豪雨!傘を持ってのお見送り、ありがとうございました。

 

ということで、今回は以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

ではまた。

 

【関連記事】河津桜まつりの駐車場が非常に混雑するので伊豆高原駅から電車で向かう!

 

-生活・健康・情報・そのほか
-

© 2020 ゆるゆる投資ログPlus