自宅風呂場にて防水電動バリカンQC5582/15で坊主頭に!感想

床屋や美容院で、髪を整える……。

それはそれでいいんですが、

自分で自分の頭をカットするのも良いものですよ……。

 

……ということで、こんにちは!ヒロシさんです。

「ゆるゆる投資ログPlus」へようこそ!

 

今回は、フィリップスの防水電動バリカン(QC5582/15)の感想です。

 

 

自宅風呂場にて防水電動バリカンQC5582/15で坊主頭に!感想

 

2012年に電動バリカンの使用開始

 

ここのところ何年か、電動バリカンを使っている。

床屋には、もうずっと行っていません。

 

最初に電動バリカンを買ったのは2012年ごろで、

フィリップスヘアーカッターQC5550という機種。

 

防水だし、充電式だし、風呂場で使いやすかった。

5年ぐらい使ったら、バッテリーが寿命になりました。

充電できなくなって、買い替えました。

 

でも、7000円ぐらいで買った道具が5年も使えて、

床屋代が節約できた。

 

髪の長さを調節することはできるが、

わたしは坊主頭なので1mm2mmに合わせて、

その後調節はほとんどせず。

 

使い勝手も、

当初後頭部とかサイドのカットとかやりづらく感じたが、

だんだんと慣れるものです。

 

2代(台)目は
フィリップス電動バリカンセルフヘアーカッター
充電・交流式 QC5582/15

現在は亡きQC5550に代わって、

後継機の電動バリカンQC5582/15を使っています。

 

2017年に7000円ぐらいで買った。

充電式で、一回の充電で3〜4回ぐらい使える感じです。

 

わたしが買った機種は2台とも防水なので、

入浴中のときに使いました。

 

坊主頭にカット!

 

わたしの頭は、

運良く?まだハゲてはいないですが、

40代の頃から髪型にあまりこだわりはなくなりました。

 

自然と、短めのスポーツ刈りから坊主頭へ変化していきました。

 

1000円床屋とかにも行ったことあるけど、

なんか昔からの床屋と比べると良くも悪くもお手軽すぎるかなと。

 

で、坊主頭ぐらいなら自分でもできるでしょ。

ってことで、自分でやろうと思ったのでした。

 

電気カミソリとは違う

 

坊主頭はちょっと伸びると切りたくなります。

最近は、週に2回ぐらい月・金にやる習慣になってます。

入浴中にやればシャワーで流してお終いです。

 

電気カミソリと違ってカットした毛は、

そのまま床に落ちてしまうのでした。

長く伸びてからカットすると、

髪の毛が排水口のフタに詰まってしまうことがあります。

その辺が注意どころでしょうか。

 

わたしの場合は、坊主頭一辺倒なのでお手軽なのです。

眉毛も一緒に整えちゃいます。

 

家族に刈ってもらえれば……

 

わたしの場合は、坊主頭だし、

一人で風呂場で勝手にやっていますが……。

家族の人に刈ってもらう人は、

いろいろな髪型も出来ると思いますよ。

 

いかがでしょう?

 

電動バリカンもオススメですけど、

坊主頭もオススメです。

頭を洗っても、ドライヤーは不要です。

わはは。

 

今回は、これでお終いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

それでは、また〜。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です