特定健診(集団健診)を受けてきた!費用と時間は?

市役所から届いていた特定健診のお知らせ……。

すっかり失念していました!?」

再通知が届いたので受診しますた。

 

……ということで、こんちには!

ヒロシさんです。

「ゆるゆる投資ログPlus」へようこそ。

 

市の特定健診に行ってきたお話です。

なお、費用は無料でした。

 

特定健診(集団健診)を受けてきた!
費用と時間は?

 

集団検診と個別検診

受診券は5月下旬に届いていました。

対象者は40〜74歳の国民健康保険の被保険者後期高齢者医療制度加入者です。

無料で、血液検査・血圧測定・尿検査・身体測定・問診が受けられます。

 

基準を満たし、必要と認められれば、

貧血・心電図・眼底検査も実施。

 

個別検診は、各自が指定の医療機関に予約を取って行うもの。

集団検診は、特定の会場に受診者が集められて行うもののようです。

 

わたしは集団検診の方を受けました。

一応、市役所に電話してから行きました。

 

会場は市の保健福祉センター

問診票と健康保険証を持っていきました。

あればお薬手帳も持っていったほうが良いみたいでした。

 

健診内容は?

9時から11時の受付ということだったので、

9時前に会場入り。

 

すでに4〜50人が待機してた。

みんな気が早い。

こんなことならオレも早く来れば良かった?

 

椅子に座って待っている間に、アンケート用紙を渡されて。

15分ぐらい待って、順番が回ってきた。

 

受付〜尿検査〜身長体重〜問診〜腹囲〜血圧と進行しました。

続いて、診察〜採血で終わりのはずが、

なぜか血圧が140オーバー(!?)だったので、眼底検査と心電図検査も追加!

 

10時20分ごろに無事終了となりました……。

たいした時間はかかりませんでした。

 

特定健診・特定保健指導について

特定健診とは
日本人の死亡原因の約6割を占める生活習慣病の予防のために、40歳から74歳までの方を対象に、メタボリックシンドロームに着目した健診を行います。
特定保健指導とは
特定健診の結果から、生活習慣病の発症リスクが高く、生活習慣の改善による生活習慣病の予防効果が多く期待できる方に対して、専門スタッフ(保健師、管理栄養士など)が生活習慣を見直すサポートをします。

まだ受診されていない方はご自身が加入している医療保険者(自営業の方は市区町村へ、会社等へお勤めの方(被扶養者を含む)は、お勤め先)までお問い合わせ下さい。
※お勤めの方で、事業者健診(お勤め先で実施する健診)を受診された方又は受診予定の方は、新たに特定健診を受診する必要はありません。

厚生労働省ホームページより

 

ということで、いかがだったでしょうか?

 

健康診断や人間ドックを受診する機会がない方は、

こういう集団検診を受けておくといいかもと思いました。

 

あなたはどう思いましたか?

最後までお読みいただきありがとうございました。

それでは、また〜。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です