猪木対チョチョシビリ・格闘技戦で初の敗北!東京ドームでKO負け

晩年のアントニオ猪木。

格闘技戦でついに初黒星!?

ソ連の柔道家ショータ・チョチョシビリの裏投げに沈んだ!?

 

……ということで、こんにちは!

ヒロシさんです。

「ゆるゆる投資ログPlus」へようこそ。

 

今回は、「猪木対チョチョシビリ・格闘技戦で初の敗北!東京ドームでKO負け」というお話。

 

 

猪木対チョチョシビリ・格闘技戦で初の敗北!
東京ドームでKO負け

猪木対チョチョシビリは、

1989年4月24日の東京ドームに53800人を動員した。

プロレス対柔道、異種格闘技戦1R3分10回戦で行われた。

 

レオン・スピンクス戦以来、

2年半ぶりの異種格闘技戦に臨んだ猪木。

 

相手は、1972年ミュンヘン五輪、

柔道軽重量級金メダリストのショータ・チョチョシビリ。

今は懐かしいペレストロイカ政策ソビエト連邦の柔道王です。

 

1Rは、バックドロップ等で猪木が優勢でした。

 

2Rからは、チョチョシビリが反撃開始。

裏投げからの腕ひしぎ十字固めで、

猪木を攻める。

猪木は左腕に大きなダメージを負ってしまう!

しかし、浴びせ蹴りや延髄斬りでチョチョシビリからダウンを奪う。

 

5R、勝負をかけたチョチョシビリ、裏投げで猪木を叩きつける!

猪木、起死回生の浴びせ蹴りはなんと空振り

もう一度裏投げを食らう猪木。

立ち上がったところを、さらに裏投げ!無常の10カウント……。

 

格闘技戦18戦目にして、初の敗北。

5R1分20秒、猪木のKO負けでした。

 

かつて、オランダの赤鬼ウイリエム・ルスカを倒したのと真逆!

猪木の完敗……。

 

昔からの猪木の強さを見てきた人にとっては、

大きなショックでした……。

 

円形リングとファイトスタイル

チョチョシビリの要求で、

ロープ無しの円形リングが採用された。

 

チョチョシビリは柔道衣

 

猪木はいつもの黒のショートタイツ姿

しかし、珍しくアマレスシューズ着用

ちょっと新鮮でした。

 

人間・猪木の涙

かつてWWFから格闘技戦の功績を讃えられ、

贈られたマーシャルアーツヘビー級のベルト……。

 

猪木は、そのベルトをチョチョシビリに手渡した。

 

よほど悔しかったのか、うなだれて涙を流した……。

 

かつて、大木金太郎との激闘の後にも、

抱き合い涙を流した

 

愛弟子の藤波辰己がケガのためにジュニアヘビーのタイトル返上

弟子の姿を見て号泣した猪木

 

涙もろくて、人間っぽい猪木が好きだ!

 

ということで、いかがだったでしょう?

 

この試合の後、もう一度チョチョシビリと戦った猪木

そのときの話はまたの機会に。

 

あなたはどう感じましたか?

最後までお読みいただきありがとございました。

では、また〜。

 

【関連記事】異種格闘技戦!アントニオ猪木がソ連のチョチョシビリに雪辱!

【関連記事】驚愕!AdSense サイト運営者向けポリシー違反レポート到着!?

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です