アントニオ猪木対“熊殺し”ウイリー・ウイリアムス 蔵前国技館

燃える闘魂対熊殺し!

格闘技世界一決定戦に一区切り!?

 

……ということで、こんにちは!ヒロシさんです。

「ゆるゆる投資ログPlus」へようこそ。

 

今回はアントニオ猪木の格闘技世界一決定戦より、

対ウイリー・ウイリアムス戦を紹介します。

 

格闘技世界一決定戦
アントニオ猪木 対 “熊殺し”ウイリー・ウイリアムス!

 

アントニオ猪木対“熊殺し”ウイリー・ウイリアムスは、

昭和55年2月27日に東京・蔵前国技館で行われた。

 

極真空手を破門されたウイリーであったが、

この試合は事実上の極真空手対新日本プロレスだった。

 

会場には極真門下生が集団で陣取って、

ウイリーのセコンドについた。

 

ウイリーは道着を履いて、上半身は裸。

そしてグローブを着用

猪木はいつものスタイル試合開始

 

ウイリーの方が猪木より一回りでかい

スピードもあるので、

パンチや蹴りをもらうとダメージもでかい!

 

回し蹴り等をもらいながらも、投げを打つ猪木。

関節技に移行するも、ウイリーの長い足が頭に飛んでくる。

 

両者もつれてリング下へ。

一旦は両者リングアウト、協議の結果試合再開

大喜びのファン!

 

しかし、またもリング外に落ちる両者。

腕ひしぎを決めて離さない猪木。

両陣営のセコンドが入り乱れてめちゃくちゃに!!!

 

このとき極真セコンドの誰かが猪木の額蹴ったとか蹴らなかったとか……。

 

残念ながら、

4R1分24秒引き分けの判定になりました。

 

殺気立った両選手と両陣営、

緊迫感と混乱のエキサイトマッチでした。

 

 

 

アントニオ猪木

アントニオ猪木の一連の格闘技世界一決定戦……。

「プロレスこそ最強の格闘技である」、それを証明する闘いであった。

 

ミュンヘン五輪柔道二階級制覇のオランダの赤鬼ウイリエム・ルスカ

プロボクシング世界ヘビー級チャンプのモハメッド・アリ

マーシャルアーツ世界スーパーヘビー級チャンプのザ・モンスターマン

強敵と戦ってきた。

 

ウイリー・ウイリアムス

極真空手ニューヨーク支部・大山茂師範の指導を受けたウイリー・ウイリアムス。

 

少年マガジンにて連載の「四角いジャングル」(原作:梶原一騎・劇画:中城健)が、

現実の格闘技界とうまい具合にタイアップ!

ウイリーは熊殺しに仕立て上げられた。

 

実際に熊と手を合わせたようだが、

その真相はオレにはよくわからない。

 

極真の大山倍達総帥から「プロの興行に出たら破門する」と言い渡されていたため、

試合はなかなか実現しなかったが……。

 

試合後の両雄

 

猪木はアバラにヒビが入り、ウイリーは左肘脱臼

双方にダメージが残りました。

猪木はこの試合をもって「格闘技世界一決定戦」をひとまず封印しました。

 

というわけで、いかがだったでしょう?

 

双方ともにメンツがあるので、

試合に関係ない人たちがぞろぞろ出てきて……。

迫力がものすごかったです。

 

あなたはどう感じましたか?

最後までお読みいただきありがとうございました。

では、また〜。

 

※2019年6月10日追記

本日、ウイリーウイリアムス選手の訃報を知りました。

お悔やみ申し上げます。

ど迫力の試合を見せてくれたウイリー選手、

ありがとうございました。

ご冥福をお祈りいたします。

 

【関連記事】猪木対ルスカ!プロレス対柔道!納豆対チーズ!格闘技世界一決定戦!

【関連記事】名勝負!猪木対モンスターマン!日本武道館の格闘技世界一決定戦!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です