名勝負!タイガーマスク蔵前国技館でデビュー!vsダイナマイト・キッド

華麗なフットワークに、ローリングソバット!

対戦相手はダイナマイトキッド!

タイガーマスクのデビュー戦です。

 

……ということで、こんにちは!

ヒロシさんです。

「ゆるゆる投資ログPlus」へようこそ。

 

今回は、アニメから飛び出したスーパーヒーロー!

タイガーマスクのデビュー戦を紹介します。

ダイナマイト・キッドを相手に繰り広げられた名勝負ですた!

 

タイガーマスク!昭和56年4月23日蔵前国技館でデビュー!

劇画通りにコーナーポストに飛び乗るタイガー。

対戦相手は“爆弾小僧”ダイナマイト・キッドです。

 

ゴングが鳴って、フットワークを駆使するタイガー。

ローリングソバット等でキッドを翻弄

 

コーナーに追い詰めるとサマーソルトキック

反撃するキッドを、素早い身のこなしですぐに逆転する。

キッドが放ったロープ際のブレーンバスターを切り返し、

高〜く弧を描くジャーマン・スープレックス

完璧なブリッジ

タイガーのつま先がピーンと伸びている。

 

9分29秒、タイガーマスク、鮮やかなフォール勝ち!

ブリッジが素晴らしかった。

キッドが真っ逆さま。

 

あまりに高い角度からのブリッジだったので、

投げられる最中にキッドの足がロープを掠めた。

ロープブレイクを取られるかと思ったほど。

 

衝撃的なデビュー戦というのは大げさではないですよ。

わたしは、テレビで観ました。

フットワーク・技の速さ・切れ味が、

今まで見たことがないものでした。

最後のジャーマンのブリッジが特に素晴らしかった。

 

その後、何回も行われた両雄の試合……、

どの試合も凄かったんですが、

この最初の一戦が最高の名勝負だったと思います。

 

タイガーマスク!唐突なデビュー戦

昭和56年4月23日東京・蔵前国技館、

アントニオ猪木スタン・ハンセンとのNWFヘビー級王座決定戦に勝利。

IWGP世界統一構想を進めるべくNWF王座を返上した。

 

この日のもう一つの目玉

それが、タイガーマスクのデビュー戦です。

前の週のテレビ放送で、唐突に発表されました。

対戦相手のダイナマイト・キッド

“飛龍”藤波辰巳と互角の勝負をしてきたダイナマイト・キッド。

 

キッドの相手をするにはそれ相応の実力がないと務まらないはず。

とにかく、キッドも物凄いレスラーなのです。

身体が小さくても迫力があって、

技の一つ一つがキレていて力強いのです。

スキを見せたら一瞬でやられる、そんな怖さがありました。

 

古舘伊知郎アナいわく、「カミソリファイター」。

無駄なものをすべて削ぎ落として戦う男。

ファンも非常に多かったです。

 

正体不明の覆面レスラー!?タイガーマスク

正体不明と謳われていたタイガーマスク……。

 

しかし、当時のプロレス雑誌等に目を通していれば、

だいたい見当はついていました。

新日本関係者はもちろんプロレスマスコミを含め、

体つきやファイトスタイルからも、

あれは佐山サトルだろうと…。

 

当時、佐山以外にああいうキックを使うレスラーはいなかったはずです。

佐山が格闘技戦をきっかけにキックのジムに通っていたことは、

梶原一騎原作劇画に出ていたので有名でした。

 

ゴング・プロレス・ファイト・東スポ等に

海外遠征中のレスラーの情報等も載っていた。

ときどき、写真付きでリポートされてました。

いかがだったでしょう?

 

この試合の凄さは現在の目で見ても伝わるはずです。

ネットやDVDとかでも見ることは出来ると思いますよ。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

それでは、また〜。

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です