アントニオ猪木対大木金太郎!蔵前のケンカマッチ!両雄の涙の秘密……

かつてのプロレスといえば、

反則をする外人レスラー日本人レスラーが迎え撃つ、

そういう試合が定番だった……。

 

……ということで、こんにちは!

ヒロシさんです。

「ゆるゆる投資ログPlus」へようこそ!

 

今では普通に行われる大物日本人同士の試合

その走りが、古くは力道山対木村政彦

そしてアントニオ猪木対ストロング小林

同じく対大木金太郎でありました。

 

今回は、蔵前国技館で行われたアントニオ猪木対大木金太郎の一戦を紹介します。

 

 

アントニオ猪木対大木金太郎!
蔵前のケンカマッチ!両雄の涙の秘密……

 

アントニオ猪木対大木金太郎:試合展開

昭和49年10月10日に東京は蔵前国技館で行われた試合。

アントニオ猪木対大木金太郎!

 

猪木のナックルパートで幕が開く。

クライマックスは、

大木の頭突きを10数発以上耐える猪木。

額から流血しながら、

もっと打ってこい!」と大木を挑発!

尋常ではない猪木の目

大木の頭突きを、またもナックルパートで返す!

大木が倒れる。

大歓声!

バックドロップフォール

猪木の完勝。

 

大ざっぱに言うと、こんな流れ。

 

試合後は、両者ともを流して抱き合うシーンが印象に残る。

ドラマチックで感動的だった。

 

猪木対大木!実現まで

アントニオ猪木のケンカマッチとして、

強烈な印象を残した試合。

 

それが、昭和49年10月に蔵前で行われた猪木・大木戦です。

同年3月、S小林の挑戦を受けた猪木は、

ものすごい試合を見せてくれた。

 

力道山-木村戦から20年ぶりの

日本人メインエベンター(当時はこう言った)による決戦!

この猪木・小林戦を注目していた大木、その熱い思い。

 

昭和46年に猪木、47年に馬場、48年に坂口、が離脱した日本プロレス……。

昭和48年4月に崩壊してしまった老舗日本プロレス。

その日プロに最後まで残っていた大木……。

不本意ながら昭和48年5月からは、

外様として馬場の前座で、

全日本プロレスで戦っていた……。

 

猪木・小林戦が大反響を呼ぶ。

大木は、「勝者はオレと戦え!」と挑戦状をたたきつけた。

 

日本プロレスの三羽烏

全日本のエース、ジャイアント馬場

新日本のエース、アントニオ猪木。

そして、大木金太郎。

かつて日本プロレスの三羽烏と言われた三人……。

 

もう大木はガマンができなかった。

猪木は挑戦を受けた。

昭和35年のデビュー戦では、

頭突きの連打から大木に惨敗した猪木……。

相手が大木だからこそ燃えた猪木!

 

試合後が終わって涙を流し抱き合った両者、

その胸中に去来した思いはどんなだったろう……?

 

いかがでしょう?

こんな試合見たことありますか?

今回はここまでです。

 

きみは猪木と大木の涙を見たか!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

ではまた〜。

 

【関連記事】アントニオ猪木対ストロング小林!ジャーマンで決着した年間最高試合

【関連記事】A猪木対藤原喜明 アキレス腱固め合戦!わかったかコツが!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です