テレビで見た昭和プロレス!新日本・全日本・国際!

最近、テレビであまり見ないけど、

プロレス好きですか?

わたしは大好きでした。

なぜ、過去形か?

 

……ということで、こんにちは!

ヒロシさんです。

「ゆるゆる投資ログPlus」へようこそ。

 

もう、すっかりご無沙汰なので、

もう今のプロレスはわからなくなってしまいました。

そんなわけで今回は、1970〜80年代昭和のプロレスのお話です。

 

テレビで見た昭和プロレス!
新日本・全日本・国際!

 

マンガ・アニメのタイガーマスク

原作:梶原一騎・作画:辻なおきで、

「ぼくら」〜「ぼくらマガジン」〜「少年マガジン」で連載。

 

アニメ化もされた。

馬場や猪木など、実在のレスラーも登場。

 

タイガーマスクのが、

マンガ本とアニメでけっこう違う印象だった。

物語も、途中まではほぼ同じだったが、

アニメ版では、独自に伝説の三人タイガーや、

虎の穴のボスのタイガー・ザ・グレートなどが登場。

リング上で、まさに殺し合い

熱すぎる戦いを繰り広げた!

現在でも放送可能なのか!?

まぁ夢中で見ました。

 

テレビ朝日の「ワールドプロレスリング」

ほぼほぼ、アントニオ猪木がメインを張る新日本プロレス。

テレビ朝日で放送されていました。

 

タイガー・ジェット・シンによる新宿伊勢丹襲撃事件からの抗争劇。

首折りハンセンとの激闘!

大巨人アンドレ・ザ・ジャイアントとの迫力マッチ!

世界統一構想IWGPでの舌出し失神事件

ドラゴン藤波辰巳vs革命戦士長州力!

タイガーマスク、ダイナマイト・キッド戦で鮮烈デビューとか…。

いくらでも、書くことがありそうですが…。

猪木がモハメッド・アリ格闘技世界一決定戦をやったときは、

世界中継のため、日本時間で土曜の午後の試合だった。

当時、中学生のオレは急いで家に帰った記憶がある。

熊殺しウイリー・ウイリアムスとやったときは、

高校の先生も授業中に、

「熊殺しとプロレスラー、どっちが勝つのか?」とか言っていた!?

 

日本テレビの「全日本プロレス中継」

日本テレビでは、全日本プロレス中継。

一応、外人レスラーが豪華ってことになっていた。

おたがい、引き抜き合戦みたいなことをやっていた。

ジャイアント馬場の全日本もそれなりに見てはいたけど、

わたしとしては、アントニオ猪木の新日本が好きだった。

 

最近のプロレス

abemaTVとかCS放送で、ときどきプロレスの試合がやっている。

あまり熱くはなれない。

魂を揺さぶるような試合が見たいんだけど…。

昔は、会場にちびっこファンとかいっぱいいたんだけど、

ファンも育てないといかんのじゃないか…。

と、勝手なことばかり言い放って、本日はおしまいです。

個別のレスラー・試合については、また今度。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

では、また〜。

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です