大阪のNWF世界ヘビー級選手権!シンの左腕をへし折った猪木!

アントニオ猪木とタイガー・ジェット・シン。

新宿伊勢丹前襲撃事件以来の遺恨

憶えていますか?

猪木がT・J・シンの腕を折った試合。

 

……というわけで、こんにちは!

ヒロシさんです。

「ゆるゆる投資ログPlus」へようこそ。

 

今回は、1974年6月26日に大阪府立体育会館で行われた

A猪木vsタイガー・ジェット・シンのお話。

 

 

大阪のNWF世界ヘビー級選手権!
シンの左腕をへし折った猪木!

 

60分3本勝負・試合経過

1974年6月26日、大阪府立体育会館で行われたNWF世界選手権

 

序盤は、あえてクリーンに戦ったシン。

10分経過頃から、急所蹴りに始まり、サーベルを使って滅多打ち

流血させて、場外乱闘!

で、両者リングアウト

 

決勝の3本目は、猪木が怒り狂う!

場内は熱狂!

「○せ!」とか「腕を折ってしまえ!」とか……。

猪木はナックルパートの乱れ打ちから、ブレーンバスター!

なんとか返したシンは、またもサーベルを手にする!

 

シンの腕を担ぎ上げる猪木!

暴走モード猪木!激怒人・猪木!

さらに、鉄柱へ左腕を叩きつける。

「あぅ!」

左肘を押さえるシン、ちょっといつもと様子が違うが……。

 

レフェリーのミスター高橋が、ストップをかけた

猪木の勝利となりますた。

王者・猪木がNWFタイトルを防衛しました。

 

左肘を亀裂骨折したシン。

この試合以降、2ヶ月ほどリングに上がれなかったのでした。

 

なにかを狙う猪木の眼光!

やられながらも、

なにかを狙っているときの猪木の目は恐いです。

 

人々は、あの目にシビレます!

のちに「キラー」とか「狂い人」とか云われたりもします。

「鷹のような鋭い眼光」「獲物を狙う目」みたいな、

良い表現もあります……。

 

新宿伊勢丹前襲撃事件とは?

1973年11月5日の夕刻、

当時の夫人・倍賞美津子さん、実弟の猪木啓介氏と連れ立って

デパートから出てきた猪木。

 

タイガー・ジェット・シンら数人の外国人レスラーから襲撃を受ける。

乱闘になり、パトカー数台が出動!

額に全治1週間の傷を負ったのだった……。

 

この事件については諸説あるけど、

とにかく衝撃的な出来事でした。

 

ということで、いかがだったでしょう?

 

「ぶっ○してやる!」「つぶしてやる!」「腕を折ってやる!」

とか言って、試合を盛り上げる……。

実際にやることは、あまりないのだけど……。

ときどき、猪木は結構ひどいことやっちゃいます。

すごいです!

 

あなたはどう感じましたか?

最後までお読みいただきありがとございました。

では、また〜。

 

 

【関連記事】闘魂A猪木vs超獣ブロディ運命の初対決! 1985年4月18日両国国技館

【関連記事】NWFヘビー級選手権/不沈艦ハンセンのパワーに沈んだ猪木

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です