鉄人ルー・テーズ、神様カール・ゴッチに挑んだ闘魂A猪木、荒鷲坂口

「世界最強タッグ」

と言っても、

年末に開催される全日のリーグ戦ではありません。

鉄人ルー・テーズとプロレスの神様カール・ゴッチに、

われらが燃える闘魂・アントニオ猪木と世界の荒鷲・坂口征二の

「黄金コンビ」が挑みます。

 

……というわけで、こんにちは!ヒロシさんです。

「ゆるゆる投資ログPlus」へようこそ。

 

今回は、1973年10月14日に東京・蔵前国技館で行われた

テーズ、ゴッチvs猪木、坂口をお送りします。

 

世界最強ダッグ戦90分3本勝負

年末の全日本プロレスの名物シリーズに

「世界最強タッグ決定リーグ戦」というものがあります。

1977年の「世界オープンタッグ選手権」を経て、

1978年12月から始まりました。

世界最強ダッグ戦は、

その2ヶ月前に新日本プロレスで行われました。

テーズ、ゴッチともに故人。

猪木、坂口もすでに引退。

もう2度と見られない試合です。

試合経過(けっこうてきとー!)

「黄金コンビ」と呼ばれた猪木・坂口の実力を証明するのにふさわしい相手!

20世紀最強のレスラーである鉄人ルー・テーズ。

そして、プロレスの神様カール・ゴッチ。

それぞれ57歳と49歳の二人だったが、コンディションは良さげ……。

「世界最強タッグ」のふれこみで、超満員の大観衆!

一本目は、テーズが坂口をバックドロップで鮮やかにフォール!

二本目は、猪木とゴッチが、腕と足を攻め合い……。

猪木がテーズにバックドロップ!

坂口も、高角度のアトミックドロップを爆発させ、テーズをフォール!

三本目は、猪木のジャーマンをゴッチが外し、自らがジャーマン!

これも猪木が外し、さらに腕と足の取り合い。

猪木のコブラツイスト!両者ともに、ボーアンドアロー!

スキをついた猪木のジャパニーズ・レッグロール・クラッチホールドが決まる!

回転足折り固めとか回転地獄固めとも云いました……。

というわけで、師匠から見事フォールを奪った猪木でありました。

 

 

 

 

怪力カール・ゴッチ

プロレスの神様として知られ、

育てたレスラー数知れず……。

ゴッチを師と仰ぐ日本人レスラーも多数!

スープレックスや関節技の達人として余りにも高名なカール・ゴッチ。

意外な怪力の持ち主としても有名です。

この試合でも、キーロックに来た猪木を持ち上げ、

コーナーに運びますた……。

 

ということで、いかがだったでしょう?

 

ほかの競技だと見られない、時空を超えた闘いが見られる!

それが、プロレスの良いところですね!

 

あなたはどう感じましたか?

最後までお読みいただきありがとございました。

では、また〜。

 

【関連記事】A猪木対人間風車ビル・ロビンソン/60分フルタイムのNWF戦

【関連記事】NWF世界ヘビー級選手権/闘魂・猪木とバックドロップ本家のテーズ!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です