超弩級「’90スーパー・ファイトIN闘強導夢」ビッグバン・ベイダーvs スタン・ハンセン

もう見ることのできない超ド級の試合!

皇帝戦士対不沈艦です。

1990年当時の新日本全日本の最強外国人対決!

 

……ということで、こんにちは!

ヒロシさんです。

「ゆるゆる投資ログPlus」へようこそ。

 

今回は、1990年の2月に東京ドームで行われた

ビッグバン・ベイダーvsスタン・ハンセンの試合を紹介します。

 

 

超弩級「’90スーパー・ファイトIN闘強導夢」
皇帝戦士ビッグバン・ベイダーvs 不沈艦スタン・ハンセン

IWGPチャンピオン皇帝戦士ビッグバン・ベイダーに不沈艦スタン・ハンセンが挑戦

 

1990年2月10日の「’90スーパー・ファイトIN闘強導夢」で行われた

IWGPの選手権試合

 

新日本と全日本の外国人レスラーNO.1同士の戦い!

物凄い迫力だった!

 

序盤、パンチの打ち合い!

まったくよけない両者!

双方ともダメージデカイ。

 

負傷している目が気になるベイダーは、途中で自らマスクを脱いだ

 

ハンセンのラリアートを空かして、

ベイダーのドロップキック

 

試合途中、何度か場外乱闘になる。

そのたびに、これで不完全決着かと諦めかける観客……。

しかし、互いに相手をリングに戻す

大喜びの館内!

 

最終的に両者リングアウトに終わった。

しかし、納得した人が多かった。

それだけのものを見せてくれた。

 

ぶつかり合いだけでOK!

デカくて強い者同士がぶつかり合えば、

それだけでみんな満足!

 

試合展開とか、あまり関係ない!

 

お客が求めているのは、

こういう試合なのだ!

 

アンドレvsハンセンとの比較

ベイダー・ハンセン戦をアンドレ・ハンセン戦と比較。

 

強過ぎてデカ過ぎるアンドレ。

だれもが相手にならないアンドレ。

レスラーを超越した「大巨人」!

 

そのアンドレに真っ向勝負を挑んだハンセン

 

一言で云うと、

大巨人に挑むスーパーヘビー級レスラーだった。

 

今回のベイダーvsハンセンは、

スーパーヘビー級レスラー同士の闘い

強くてデカイ者同士がぶつかり合う!

 

その迫力だけでお客を満足させてしまった。

 

もう実現しない闘い

ハンセンは2001年に引退

ベイダーも2018年6月18日に63才の若さで亡くなった。

よって、二人の戦いはこれっきりです。

 

二人のほぼ絶頂期にこの試合が実現して良かった。

しかも、この日本で……。

二人は、6万人以上の観客を圧倒してしまいました。

ということで、いかがだったでしょう?

 

先日、ベイダーが63才で亡くなってしまいました。

ハンセンとの物凄い試合を思い出しました。

 

あなたはどう感じましたか?

最後までお読みいただきありがとございました。

では、また〜。

 

【関連記事】ハンセンvsアンドレ!田園コロシアムで行われた超弩級の試合!

【関連記事】アントニオ猪木対アンドレ・ザ・ジャイアント!格闘技世界一決定戦

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です