カスピ海ヨーグルト!種と牛乳で簡単!作り方と温度・時間は?

ヨーグルトといえば、

普通にスーパーでパックのやつを買って食べていました。

でも、ここ数年はカスピ海ヨーグルトを作っています。

 

……ということで、こんにちは!

ヒロシさんです。

「ゆるゆる投資ログPlus」へようこそ。

 

今回は、簡単に作れて楽しい!食べて美味しい!

カスピ海ヨーグルト」です!

カスピ海ヨーグルトの発酵温度

朝食にヨーグルト、食べてますか?

わたしは、毎日食べています

カスピ海ヨーグルトは、

20〜30℃(室温)で発酵するので、

普通の家庭で作りやすいです。

神経質にならなくていいのです。

 

一般的な普通のヨーグルトは、

もう少し高目の40℃ぐらいで発酵するらしいです。

 

そんなわけで、春から秋口にかけては、

朝に仕込めば夜には完成です。

そんなに時間がかからないで出来るところもいいところ。

 

でも、冬の寒い日とかは、

丸一日とちょっとかかったりします。

まぁ、出来るまで放置しておけばOKなのでした。

 

カスピ海ヨーグルトの種菌

何年か前に、カスピ海ヨーグルトの種菌を買った。

それで牛乳と混ぜて発酵。

ヨーグルトが完成します。

 

残りが少なくなると、牛乳を継ぎ足して再発酵

どこのメーカーのものだか失念しましたが、

説明書によれば容器の煮沸消毒を推奨していた。

うちではいつも継ぎ足しなので、

毎回洗うわけではありません。

定期的にときどき洗うようにはしています。

いまのところ全く問題ありません。

 

カスピ海ヨーグルトの作り方?

容器に入れた種のヨーグルト100グラムに、

牛乳1リットルを注ぎ入れて作ります。

で、ふたをして固まるまで放置

夏の暑い日とかは、半日ぐらいで固まります。

冬場はなかなか固まらず、24時間以上かかることもあります。

見た目で判断できます。

出来たら、冷蔵庫で保存。

以上です。

 

ということで、非常に簡単なのです!

ちなみに、種ヨーグルトを少な目にしても、

多少時間はかかるもののちゃんとできます。

失敗知らずです。わはは。

 

カスピ海ヨーグルトの食べ方

カスピ海ヨーグルト、

その食べ方は……、どうぞご自由に!

わたしは、バナナを切り刻んだものをのせたり、

さらにハチミツなどをかけていただきます。

イチゴやブルーベリーのジャムなんかもイケますよ!

 

というわけで、カスピ海ヨーグルトでした。

いかがでしたか?

 

ほんとに簡単なんで試してみてはどうでしょう?

そして、食べてみよう!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

ではまた〜。

 

【関連記事】ホームベーカリーGOPANでおいしいパンの作り方!

【関連記事】ウマし!料理素人がバーニャカウダソースを作ってみた!?

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です