1962年東宝コメディ映画?キングコング対ゴジラのあらすじ感想!

映画「キングコング対ゴジラ」より引用

 

南海の魔神・キングコングと怪獣王・ゴジラ

1962年、日米夢の対決が実現!?

コメディ映画の要素もたっぷり!?

 

……ということで、こんにちは!

ヒロシさんです。

「ゆるゆる投資ログPlus」へようこそ。

 

今回は、「キングコング対ゴジラ」1962年東宝<あらすじと感想>です。

ちなみに1962年はわたしが生まれた年なのでした。

 

 

映画「キングコング対ゴジラ」1962年東宝
<あらすじと感想>

東宝映画「キングコング対ゴジラ」は、

1962年8月11日に公開された。

監督は本多猪四郎氏、特技監督は円谷英二氏、

脚本:関沢新一氏、製作:田中友幸氏、音楽:伊福部昭氏です。

 

あらすじ

映画「キングコング対ゴジラ」より引用

提供番組聴取率が上がらない!

パシフィック製薬の多古部長は悩んでいた。

起死回生の一発を狙い、南海の魔神・キングコングに目をつけた。

 

多古の依頼で、ファロ島に向かったカメラマンの桜井たち。

なんとかキングコングを眠らせて、イカダに載せた。

いかにしてコングの巨体をイカダに載せたのかは謎?

 

一方、ゴジラがベーリング海より出現!

帰巣本能により日本へ向かう!

 

キングコングとゴジラが日本で激突!?

 

コメディ映画?
キングコング対ゴジラ

有島一郎演ずる多古部長。

極楽コンビ?高島忠夫藤木悠とのやりとりも非常に楽しい。

 

ファロ島では、通訳の大村千吉も活躍!

原住民相手に奮闘しました。

 

怪獣映画でありながら、コメディ映画としても楽しめます?

 

第3の怪獣?
大ダコ!

映画「キングコング対ゴジラ」より引用

本作には、キングコングとゴジラの他にも第3の怪獣が!?

ファロ島でキングコングと戦った大ダコです。

 

パシフィック製薬の部長は多古

タコと多古、名前がかかっています。

 

で、この大ダコ。

シーンによって本物のタコを使ったり、

作り物を使ったり。

 

ゴボゴボ(?)と不気味な音をたて襲ってきました。

 

音楽:伊福部昭氏

ゴジラの音楽ではおなじみの伊福部昭氏。

本作でもゴジラキングコング、それぞれのテーマがいい感じ。

 

対決のテーマや、人類側のテーマもあります。

 

ちゃんと映画を見ているとわかります。

きっと聞き覚えがあると思います。

そして耳にこびりつきます。

 

ということで、いかがでしたか?

 

古い映画なので、若い人は見てない人が多いのかも。

コメディ要素もあって楽しめると思うけど。

2020年のハリウッド版「ゴジラvsコング」の前に是非!

 

出演された有島一郎氏、高島忠夫氏、藤木悠氏、

平田昭彦氏、田島義文氏、大村千吉氏などなど、

亡くなってしまった方が多いなあ。

隔世の感があります。

 

あなたはどう感じましたか?

最後までお読みいただきありがとうございました。

では、また〜。

 

【関連記事】映画「ゴジラvsキングギドラ」1991年東宝 あらすじと感想

【関連記事】妄想!「ゴジラvsコング」2020年 キングコングのパワーアップ!?

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です