ジャイアントロボ 第23話「宇宙妖怪博士ゲルマ」ニセ大作!あらすじ感想

送られてきた誕生日プレゼント!?

組み立ててみると、なんと!?

……ということで、こんちには!ヒロシさんです。

「ゆるゆる投資ログPlus」へようこそ。

今回は、東映製作のテレビ特撮「ジャイアントロボ」から

第23話「宇宙妖怪博士ゲルマ」のあらすじと感想です。

人造人間・コピー大作少年が、

ジャイアントロボの操縦機を奪う!

「宇宙妖怪博士ゲルマ」<STORY>

第23話「宇宙妖怪博士ゲルマ」は1968年3月11日に放送された。

脚本は七条門氏、監督は田口勝彦氏です。

父から送られた誕生プレゼント!?

大型の模型を組み立てる大作少年……。

完成した模型は、大作そっくりの少年に変化する!

ニセ大作少年誕生!

腕時計型のジャイアントロボ操縦機も奪われてしまった。

BF団・妖怪博士ゲルマによる作戦。

コピーされたニセ大作少年で、同じ声紋と操縦機を手に入れたゲルマ!

対して、ユニコーンはジャイアントロボの回路を外す

BF団は、幼稚園のバスを人質に取り、ロボを再起動せよと迫る。

ユニコーンは、コピーロボットの接着剤を分析し、

人造人間を溶かす薬品の研究を進める。

幼稚園児を守るため、ジャイアントロボは再起動された。

ニセ大作少年の命令で、発進し、破壊を始めたロボ

「ロボ!ぼくの声を忘れたのか!」

操縦機無しで呼びかける大作少年!

なんと、ロボが反応した!?

破壊をやめる。奇跡が起きたのだ!

怪獣が出ないエピソード

この回は、大暴れする怪獣は出てきません。

妖怪博士ゲルマが、怪獣みたいなスーツですが……。

怪獣の代わりに暴れるのは、われらがジャイアントロボでした。

妖怪博士ゲルマは、奇跡と言った!

腕時計型の操縦機と同一の声紋によって動くはずのジャイアントロボ。

大作少年の「ぼくの声を忘れたのか!」の声に反応したロボ!

もはや、単なる巨大ロボットを超越したとも言える!?

大作とロボの友情が、理屈を超えた!?

印象に残る再放送

夏休みや冬休みの午前中の再放送、

NET(10チャンネル)でやってました。

ネットではありません、エヌイーティーです。

現在のテレビ朝日です。

「魔法使いサリー」、「ひみつのアッコちゃん」、

「花のピュンピュン丸」、「もーれつア太郎」などが良く放送されてますた。

昭和40年代のことです。

今は、DVDやネット配信で見ようと思えばいつでも見られますよ。

ということで、いかがだったでしょう?

「ジャイアントロボ」のTVシリーズは、

大作少年とロボの友情物語だと思います。

あなたはどう感じましたか?

最後までお読みいただきありがとうございました。

では、また〜。

【関連記事】ジャイアントロボ 第22話あらすじ感想!カラミティの自動反射装置!

【関連記事】ジャイアントロボ 第26話 最終回 あらすじ感想!ギロチン最後の日

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ジャイアントロボ VOL.1 [ 金子光伸 ]
価格:5203円(税込、送料無料) (2019/4/11時点)

楽天で購入

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ジャイアントロボ VOL.2 [ 金子光伸 ]
価格:5832円(税込、送料無料) (2019/4/11時点)

楽天で購入

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です