東宝映画「海底軍艦」神宮寺大佐と轟天号vsムウ帝国 あらすじと感想

船体の先にドリル!

あの有名な海底軍艦・轟天号が活躍します。

怪竜マンダも登場!

……ということで、こんにちは!ヒロシさんです。

「ゆるゆる投資ログPlus」へようこそ。

今回は、1963年の東宝映画「海底軍艦」のあらすじと感想です。

ドラマ・特撮・音楽がマッチした面白い映画ですよ。

「海底軍艦」<STORY>

東宝映画「海底軍艦」は、

1963年12月22日より公開された。

監督は本多猪四郎氏、特技監督は円谷英二氏、脚本は関沢新一氏、

音楽は伊福部昭氏、制作は田中友幸氏です。

押川春浪氏の原作があります。

日本の土木技師が連続して行方不明に……。

ムウ帝国から、脅迫フィルムが届く。

要求は、海底軍艦の建造中止植民地であった世界の返還

国連は黙殺する。

世界各地で、貨物船が謎の潜水艦から襲撃を受ける。

かつての上官の説得と娘の涙により、

神宮寺大佐と轟天建武隊は世界のために立つ!

轟天号とともに。

轟天号

第二次大戦時に日本が極秘裏に設計した万能戦艦

陸海空すべてに長ける。

船体の先に付いているドリルが勇ましいです。

轟天建武隊により極秘裏に建造されますた。

湖から初めて姿を現し、ホバーリングするシーンは鳥肌モノです!

かぶさる伊福部メロディーも素晴らすぃーのです!

ムウ帝国

伝説にある通り、古代に海中に沈んだ大陸人の末裔。

怪竜マンダが守護神。

女性皇帝が帝国を統治する。

なんか、エジプトのクレオパトラっぽい……?

で、見直してみると、

ムウ帝国皇帝役の小林哲子さん

声が女優の賀来千香子さんそっくりです。

ベテランになってからも、

大映テレビの「ヤヌスの鏡」などに出演されていたようです。

なぜ、皇帝は炎上する帝国に向かって泳いでいったのか?

わたし、この映画は、幼い頃に母親に連れて行ってもらいました。

確か、同時上映が「怪獣総進撃」だったので、リバイバル公開だったはず。

で、どちらも伊福部音楽が耳に残り、おもしろい映画でした。

母親は、「海底軍艦」のほうがお気に入りのようでした。

で、オレに「どうして、皇帝は爆発しているところに泳いでいったかわかるか?」と問いました。

まだ幼かったオレは、うまく答えられませんでした……。

皇帝陛下ですから、自らの国と運命を共にしたという解釈でよろしいでしょうか……

ということで、いかがでしょう?

オープニングのソナー音とともに流れるテーマ曲を聞くと、

「うぉ〜っ!」と胸が高鳴ります。

三つ子の魂、百までってやつです。

あなたはどう感じましたか?

最後までお読みいただきありがとうございました。

では、また〜。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です