東宝映画「ゴジラ」1984年復活! サイボット!あらすじと感想

「メカゴジラの逆襲」より9年ぶりの復活ゴジラ

東京で大暴れ!

出来たばかりの有楽町マリオンは!?

 

……ということで、こんにちは!

ヒロシさんです。

「ゆるゆる投資ログPlus」へようこそ。

 

今回は、1984年の東宝映画「ゴジラ」のあらすじと感想です。

 

1954年の初代「ゴジラ」の続編となっております。

もし、現実にゴジラが現れたら!?みたいな映画です。

 

「ゴジラ」東宝1984年
<あらすじと感想>復活!

東宝映画「ゴジラ」は、

1984年12月15日より公開された。

監督は橋本幸治氏、特技監督は中野昭慶氏、脚本は永原秀一氏、

音楽は小六禮次郎氏、制作は田中友幸氏です。

以下、あらすじと感想です。

 

伊豆、大黒島が噴火!

行方不明の漁船「第五八幡丸」が発見される。

船内には巨大なフナムシが生息していた!?

 

それとは別に、生存者が目撃した巨大生物!?

ゴジラだと確信する科学者。

しかし、それを隠蔽する政府。

 

その頃、ソ連の原潜が沈没する事件が!

ここで政府はゴジラ情報を解禁。

そして、伊浜原発にゴジラ現る!

その後、東京にも上陸!

 

ソ連原潜から誤って戦術核が発射される!

それをアメリカが迎撃!

東京上空で核爆発!?

さて、どうなることやら?

 

ショッキラスとは?

ゴジラに寄生し、放射能の影響で巨大化したフナムシ・ショッキラス!?

ショッキラスに血を吸い取られた人間は干からびてミイラ化!?

「第五八幡丸」の船員が犠牲になった。

 

デカくてなかなか死なないショッキラス。

宅麻伸氏が演じる奥村宏によって倒された。

 

スーパーXとは?

カブトガニをモチーフににした、

東宝自衛隊の巨大な空飛ぶ超兵器・スーパーX

 

搭載したカドミウム弾により、ゴジラの放射能を制御!?

けっきょくゴジラの敵ではないわけですが。

 

いまいち不評!?
サイボットゴジラ

スーツでは出せない微妙な表情を出すのに使われたサイボットゴジラ。

5メートルの大きさ

いろんなところが動いて良いんだけど、

 

スーツのゴジラと顔がかなり違った。

スーツの方は三白眼の悪役ヅラだが、

サイボットはつぶらに瞳で端正な顔立ち

あまり評判もよろしくなかったような。

 

けっこうな予算がかけられたはずだが、

次作以降、もう使われることはなかった……。

 

1984年の東宝特撮

こどものころ映画館で見た東宝チャンピオンまつり

大スクリーンで見た怪獣映画は、

こどもの眼には本物っぽく見えないこともなかった。

 

あれから、時も流れている。

最新の特撮技術本物と見紛うような映像を期待した。

……有楽町マリオンとか、新宿副都心のセットは、

よく出来ていた印象はあるが……。

あとは、う〜ん。

 

ということで、いかがでしょう?

 

怖さでは、初代に遠く及ばず……、

映画としてのおもしろさも、もうちょいってところでしょうか?

やはり、ゴジラにはもっと大暴れしてほしい。

三原山火口に落ちていくラストは、ゴジラがかわいそうに感じた……。

 

あなたはどう感じましたか?

最後までお読みいただきありがとうございました。

では、また〜。

 

【関連記事】映画「ゴジラvsビオランテ」1989年東宝 あらすじと感想

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です