映画「ゴジラvsスペースゴジラ」1994年東宝 MOGERA!あらすじと感想

メカゴジラの次はスペースゴジラだって!?

なんかゴジラに余計なものをいろいろ付けた感じが……。

 

……ということで、こんにちは!

ヒロシさんです。

「ゆるゆる投資ログPlus」へようこそ。

 

今回は、1994年の東宝映画「ゴジラvsスペースゴジラ」のあらすじと感想です。

 

 

映画「ゴジラvsスペースゴジラ」1994年東宝 MOGERA!
<あらすじと感想>

東宝映画「ゴジラvsスペースゴジラ」は、

1994年12月10日より公開された。

監督は山下賢章氏、特技監督は川北紘一氏、脚本は柏原寛司氏、

音楽は服部隆之氏、制作は田中友幸氏です。

以下、あらすじと感想です。

 

メカゴジラを失ったGフォースは

新兵器・MOGERAを完成させる。

そのころ、宇宙に散ったG細胞から生まれたスペースゴジラが地球に接近!

迎撃に出るMOGERAだが、スペースゴジラの敵ではなかった。

 

バース島に降り立ったスペースゴジラは

リトルゴジラを結晶体に閉じ込める。

 

結晶体を使い都市を蹂躙するスペースゴジラ。

改修されたMOGERAが出撃

さらにゴジラも上陸して三つ巴の闘いに!

 

スペースゴジラについて

ゴジラが元になっていて、肩からは結晶体のようなものが生えている。

背びれも結晶体。

頭部にツノ、牙も鋭くなっている。

尻尾の先はカギ状。

腹や胸にも、なんだか余計なものがいろいろ付いている!?

 

元々のデザインは、スーパーファミコンソフト「超ゴジラ」から。

ゴジラを強化した姿!?

いろいろ付けたからって、強くなるものでもないと思うけど……。

 

MOGERAについて

初代のモゲラは1957年の東宝映画「地球防衛軍」に登場する

ミステリアンが地球に持ってきたロボット怪獣でした。

目から光線を出したり、あとは土木作業とかやってました。

 

今回は「モゲラ」の表記ではなく、「MOGERA」だそうです。

Mobile Operation Godzilla Expert Robot Aero-type の略称とのこと。

うーん、無理やりはめたね。

 

リトルゴジラについて

VSメカゴジラでベビーゴジラとして誕生。

VSデストロイアではゴジラジュニアに成長する。

今回のVSスペースゴジラではリトルゴジラとして登場。

 

今回の造形がなんともなさけない

生物感がない

ほかの東宝怪獣と比べても、

ちょっとまいりました。

 

子供向けのアトラクション、またはゆるキャラ

もしくはマンガになってしまった。

もうちょっと格調高いものにしてほしかった!?

 

服部隆之氏の音楽

服部良一氏から克久氏、そして隆之氏。

音楽一族の三代目

 

映画やテレビドラマ・アニメの音楽など、いっぱいやってる。

けっこう人間の喜怒哀楽を表現していているように感じる。

オレ的には、好きな音楽です。

 

怪獣映画の音楽としても、充分イケると思う。

服部版ゴジラのテーマも悪くない。

何作もやって一般に定着してくると、また世間の評価も違ってくるのでは……。

 

ということで、いかがでしょう?

 

vsシリーズの中では、なんか他と一味違う作品

ちょっと好みが分かれるところ。

 

あなたはどう感じましたか?

最後までお読みいただきありがとうございました。

では、また〜。

 

【関連記事】映画「ゴジラvsメカゴジラ」1993年東宝 ラドン登場!あらすじ感想

【関連記事】映画「ゴジラvsデストロイア」1995年東宝 あらすじと感想

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です