自転車

折りたたみ自転車yeahのバーテープが巻きづらかったその感想!

以前は、

折りたたみ自転車yeah白いバーテープを巻いていました。

 

前回の交換から1年以上経過、

もうよれよれだし、だいぶ汚れたかも?

 

……ということで、こんにちは!ヒロシさんです。

「ゆるゆる投資ログPlus」へようこそ!

 

今回は、折りたたみ自転車yeahのバーテープ交換の感想です。

 

折りたたみ自転車yeahのバーテープ交換

 

折りたたみ自転車yeah、

白いバーテープが黄ばんできたので交換することにしました。

 

とりあえず、キャップを外して、テープを剥がします。

 

バーエンドバー

ちなみに、坂道対策としてバーエンドバーを取り付けてあります。

上り坂のときに、ここを持つと力が入るのです。

 

折りたたみ自転車でも折りたたまない!?

 

折りたたみ自転車って、

買った当初は折りたたんで小さくなるのが面白かったりする。

 

だけど、だんだん折りたたまなくなって、

ただの小径車になってしまいます……。

そう思いませんか?

 

折りたたむつもりなら、

バーエンドバーとか余計なものは付けないほうが良いです。

 

バーエンドバーの接続部分のバーテープ

ハンドルとバーエンドバーの接続部分は、

カーブがかなりきつくなります。

非常にバーテープが巻きづらいです。

 

ロードバイクのドロップハンドルと比較しても、

相当巻きづらいです。

左右とも、

キャップ部分を少し余らせて巻き始めます。

 

あとは、普通に手前方向に巻いていきます。

 

最後にバーテープを斜めにカットして、

ビニールテープで固定して終わりです。

 

ただ、カーブの部分はどうしても何重にも巻くことになるので、

もっこりと盛り上がってしまうのでした。

 

なかなか満足の出来にはなりませんが、

適当なところであきらめましょう。わはは。

 

いかがだったでしょう?

 

白の薄汚れたバーテープから、

黒に変わりだいぶ引き締まった感じになって、スッキリしますた。

 

ということで、今回はここまでです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

では、また〜。

 

 

-自転車

© 2020 ゆるゆる投資ログPlus