自転車

ロードバイクのシフトケーブル交換!ほつれて切れたワイヤー!

2018年11月1日

先日のサイクリング中に、

シフトケーブルが切れました

 

……ということで、こんにちは!

ヒロシさんです。

「ゆるゆる投資ログPlus」へようこそ!

 

今回は、ロードバイクのシフトケーブル!その交換作業です。

 

ロードバイクのシフトケーブル交換!
ほつれて切れたワイヤー!

2016年12月にブレーキケーブルとシフトケーブル、

インナーアウターすべて交換しました。

 

そのときは、シマノ製のケーブルを使いました。

それから、ほぼ2年経過……。

 

先日のサイクリング中に、

リアディレイラーを動かすケーブルが切れてしまいました。

 

ほかのケーブルは、まだまだ大丈夫そう。

今回はその1本だけを交換します。

右手側のシフトケーブルです。

 

あっけなく交換完了……だが、

ブラケットカバーをめくってみると、

ほつれて切れたシフトケーブルの残骸が……。

 

タイコは見当たりませんでした。

早速、ケーブルを抜いて交換作業。

 

交換は、あっけなく完了しましたが、なぜかシフトチェンジしない

全く手応えなし!?

STIレバーの不調か!?

 

ちょっとあせって調べてみるが、不明……。

 

STIレバーのアンダーカバーを外すと、

ワイヤーケーブルのタイコが出てきました……。

なにやってんの?オレ……。

 

これが入ったままだったから、動かなかったわけね。

で、ここからケーブルをセット!

 

なかなか通しづらいところがあり、苦戦……。

時間をかけて、なんとか出来ますた。

 

安いワイヤーを使うと……

以前Amazonで買った10本で1000円もしないケーブルが、余ってました。

これで良いや、とばかりに試した。

 

穴を通すたびに、ケーブルがねじれて無様なことに……。

3本ほど、ダメにしました。

 

とりあえず、ツールボトルに1本は常備することにします。

やっぱり、安いやつはそれなりなので、

シマノ製のケーブルも注文しました。

 

バーテープは鮮やかな……

ケーブルを交換したついでに、

バーテープも交換して気持ち一新!

鮮やかなカーボン調レッドが白い車体に映えて、いい感じに!

いかがだったでしょう?

 

たまにしかやらない作業なので、

ついつい手順を忘れてしまいます。

一回で決まらないので、時間もかかりました。

これだけのことに、半日以上費やしました。あぁ……。

 

ということで、今回はここまでです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

では、また〜。

 

 

-自転車

Copyright© ゆるゆる投資ログPlus , 2020 All Rights Reserved.